進撃のナンパブログ

進撃のたくぞうのナンパブログ☆クスリでも笑っていただけたらありがたいです\( ˆoˆ )/

ナンパで理想の彼女をgetした

某日

f:id:tktktb:20180604124631j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 


DBRで即った子とほぼ毎週会っていた。
理由は簡単。シンプルに一緒にいて楽しかったし、学ぶことがたくさんあった。



彼女の話を聞けば聞くほどどんどん相手の世界に引き込まれていった。


彼女は夜職をしている。


た「将来の夢とかあんの?

 D「今年で貯金3000万貯まるし、それで不動産投資で家賃収入得て、お母さんが転売の仕事の学んで、お父さんの会社の事務員として働く!

 

 

もう衝撃だった
20代前半の女性の考えてるレベルとは違う。
元々野心家な方なたくぞうはすごい刺激を受けた。

 

 

 

最近自分は仕事を本気でやっているだろうか?

 

 

 

 

一生懸命はもちろんやってるが本気かどうかはわからなかった。改めて自分もきちんとやろうときっかけになった。

 

 



元々負けず嫌いな性格なたくぞうは人のことを全面的に尊敬することは少ない。
ここの部分なら負けないし!!!!笑笑


不思議とそんな感情はなかった。

 

そんな目標とは裏腹に高飛車な態度は全然感じなかった。そこが彼女魅力のうちの1つでもある

 

 

 

 

 

 


__________

某日

 

夜の世界の仕事の話をたくさん聞いた。

一言で言うと…



体育会系!!!!

売上達成へのこだわり、相手への気遣い、プロ意識

 

 

正直、夜の世界でここまでストイックにやってる人の話を聞いたのは初めてだった。


夜の仕事は楽に稼げる仕事と思ったことはないけど、ここまで拘ってるんだと仕事に対してのプライドを感じた。

 

どんな仕事、いやなにかに本気で取り組んでる人の話は大好きだ。

 

1時間以上、たくさんのことを質問させてもらった。

 

 

 


女「1年間売上を1位を取り続けるとレジェンドになって殿堂入りするんだよね!ちなみにレジェンドなったのは私含めて2人だけだよ!!






ん?レジェンド?笑笑





こんな凄いやつ即れたのか笑

 

話せば話すの程新しいことを発見させてくれるし、自然と相手のことをたくさん聞いてた。

 

 

 

 

 

 

__________

翌日

 

その次の日たくぞうは彼女と会った。
実はたくぞうには彼女がいた。
この日大阪まで会いに来てくれた。

東京遠征に行った時に即った子である。

 

 

本気でナンパしてる理由をかなり噛み砕いて彼女にナンパOKの許可をもらってた。

 

彼女ができてからなんぼ新規の女の子を抱いてもやっぱり彼女が1番だった。

 

 

 


だが、会った時に違和感を感じた。

 

この子といても楽しくない

 

なぜか?自分に対して自問自答した。
死ぬほど失礼な話だし、申し訳ないがDBR子との話を聞いて自分より年上なのにこの人は中身が薄い人間なんだ。


シンプルにそう思ってしまった。


彼女が帰ってからなぜなのかと考えていて一つの結論に至った。

 


付き合った時にはナンパモード全開だったから、その時の自分にとっては最高だった。
最高というより都合がよかったんだと思う。

 

 

後日、自分が最低クソ野郎なのは重々承知だが別れをつげた。

 


彼女は過去に付き合った人全員に振られていていつも理由が教えてもらえないと言っていた。
僕には明確にわかった為伝えてほしい!と言われてストレートに伝えた。

 

 


こんなクソみたいなことしてるのに感謝の気持ちをめっちゃ伝えてくれた。

 

 

 

 

 

 

__________


某日


DBR子に彼女と別れたのを伝えた。
本気で語り合う時間、アホみたいな話をする時間、一緒にゲームをする時間なにげない時間だが本当に一緒にいて楽しいと思った。

 

DBR子からフレンチトーストの作り方を教わった。

 

 

 

 


D「女の子泊めた時にこのフレンチトースト出してみ!イチコロやから!!笑笑

 

 

 

 

 

 

 

 


え?なんでそんなこと言うん?
ちょっと気分が悪かった。

 

この時に気付いた。

 

 

あ!俺惚れてるわ…

 

 


その日初めてお互いの愛を伝え合ったセックスをした。

 

 

 

 

 

 

 


__________

 

某日

 

この日は話し合っていた。
お互い好きという感情が産まれた。

 

 


ただお互い状況も状況

 


たくぞう
・1年間遊び切りたい
・ナンパ講習してる(ナンパ辞めたくない笑)


DBR子
・貯金目標
・夜職(心配かけたくない)

 

 

シンプルな気持ちで言えば付き合いたい。
ただ、今自分はナンパ塾をやっててUSC(Uスト調査兵団)のみんなにもこのタイミングでは申し訳ないないと言う気持ちが強かったし、5月まで走り切りたい気持ちがあった。

 


この日たくさん話し合って、来年までにお互いクリーンにしてお互い好きなら付き合おう!そう話して一旦着地をした。


ただ自分的には本質はなにか違うなーと思いあえて突っ込まずにこの日を終える。

 

 

 

 

 


翌日

 

 

DBR子は予定がなかったのでそのままたくパレスにいることに。たくぞうは飲み会に行き帰宅した。



た「昨日の答えさ、本質やないやろ?笑 本音言うてや!

 

D「流石!ナンパ野郎やな笑笑

 

そこからもう一回語った。

 

た「どんだけ最短でも3月末までかな!いくらナンパ歴4年目やけどさー、ナンパしてないのにナンパ教えるって俺はおかしいと思うし笑 そこまでにさ!お互いの状況整理してからにしよ♪

 


 D「ごめん!正直あと1ヶ月待てない。もしナンパしてあたしよりいい子見つけたら嫌やん//

 

 

た「アホかwwwwこんだけ遊んできてたくさん女の子見てきたんやし、なるかwwwwwじゃあ…付き合おっか。



女「お前ナチャラルすぎだろwwwwこういう時は間とか使わんかいwwwww



た「させw講習生にナンパはナチュラルに!教えてるし笑

 


D「このシーンではいらんww

 

 

た「じゃあ改めて……………

俺と付き合ってください!

 

 

 


この日彼女となった。






__________


翌日

 

その翌日によく会っていたキセク達に連絡した。自分なりのけじめのつもり。
彼女にはいらんくらい自己開示してたし、少しでも安心してくれたらいいなと思って行動した。



キセク達に報告したら、シンプルにおめでとうと言ってくれて本当に嬉しかった。

 

 

 

__________
某日


彼女は夜職で風とキャバをしている。
風は俺のこと好きになってから出勤がほぼ出来なくなったとのこと。


好きな人ができるとそれ以外と金を貰ってもマジでできないと言ってくれてその次の日店を辞めていたようだ。

 

 

ホームページまで見せてくれて証明してくれた笑笑

 

 

彼女「たくぞうは全然いいよ!って言ってくれてるけど嫌やろ?てか嫌って言ってくれなかったら私が嫌やわ笑

 



色々なきっかけもありキャバも3月いっぱいで辞めるとのこと。

 

 

 

今度は違う世界で勝負がしたいとのこと。

 

 

 

 彼女「てか本当にいいの?5月まで遊んでもいいで??死ぬほど嫌だけど、私にバレないようにマナーを持ってやってくれたらいいよ!

 

た「ほんまに3月いっぱいで大丈夫!そのかわり講習してるし、3月は多めにみてな笑

 

 

 

 






おいおいそんだけ誠意見せられたら…

 

 

 

 

 

 



俺もクラスタ辞める…か…。

 

 

 

 

 

 

 

 


元々クラスタに入った時から1年間と決めてました。
ナンパの終わりはいつなのか?それは自分で決断した時だと思ってます。

 

 

 

その中でたくさんの出会ったクラスタのみんなとの思い出。めっちゃ楽しいし、同じく趣味でこんなにアホみたくやるのは最高だった。

 

 

 

正直、このブログ書くかどうかもめっちゃ迷いました。

これを書いてしまったら、もう後戻りできないしね笑

 

でも、たくさんの誠意を見せてくれた彼女に対して僕自身も示す必要があると思って今回決断しました!!!!

 

※ブログ書いていいか許可取りました

 

 

 

 




今月2回遠征を控えてます。 


活動自体はあと2回味噌遠征明太子遠征して最後の講習終えたら…

 

 

 

 

 

ナンパ師引退します!!!

 

 

 

 

 

もしかしたら、破局して戻るかもしんないけどそん時は「だっっさwwww」って笑って迎えてください。笑

 

 

 

 



次回!彼女に惚れまくりのたくぞう!!!
そんなマインドで即れるのか!?
最後はクラスタの意地を見せろ!!の巻








to be continue…