進撃のナンパブログ

進撃のたくぞうのナンパブログ☆クスリでも笑っていただけたらありがたいです\( ˆoˆ )/

DBR!もう一つの物語の巻

某日

 

 

 

 

いや、数年前か…

 

 

 

 

 

 

野生時代にたくぞうが大阪に来たての頃の風俗にハマっていた。休日は喫茶店で読書をして映画を見て風俗で締める。いつもそんな過ごし方だった。

 

 

 

 

 

 

 

この日もMでエロい店を見つけて入る。

 

 

 

 

 

店「いらっしゃいませー!

 

店員がシステムについてかなり説明してくれた。

 

 

 

 

 

 

 

 f:id:tktktb:20180125134539j:image

店「当店は風俗店ではありません!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ん?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:tktktb:20171222021832p:image

ざけんな!オラァァァ!!!!

 

 

 

 

とは言えず気まずく大金を叩いてメンズエステのサービスを受ける。

 

 

 

 

 

ここで知り合ったのがエステ子

外見も可愛いが正確がとってもいい子。

 

 

 

バンゲ成功して、その日にブーメラン成功。マッサージしてほしいと理由付けで直ホをした。

 

 

 

 

 

 

 

ギラついてたが相手が全然感じていなく、不安になったたくぞうは即らず帰った。笑

(´-`).。oO(クソ野郎!!!なにビビってんだ!オラァ!!!)

 

 

 

 

ただLINE、電話ではよく連絡を取った。

定期的に近況報告、相談に乗るなどしていた。

 

 

 

 

 

 

その子とDBRの週にアポった話。

 

 

 

 

 

〜〜〜「DBR!もう一つの物語の巻」〜〜〜

某日

 

 

 

 

 

 

f:id:tktktb:20180123190153p:image

数年ぶりの彼女は変わらず美しかった。

 

 

 

 

連絡だけは定期的にとってたせいか特に久しぶり感はなかった。

 

 

 

 

 

 

最寄駅の喫茶店で懐かしい話をする。

 

 

エ「あたしもうアラサーになっちゃったよ。笑

 

た「そやな!笑 俺ももうアラサーと呼ばれる年代になったけど、エステ子はほんまのアラサーやなww

 

エ「こら!!!笑笑

 

 

お互いの最近の近況を話す。

 

 

 

 

 

 

 

いい時間になりお腹も空いてきた。

いつものようにkitchen takuzoを発動!買い物をしてパレス打診。

 

 

 

 

 

一瞬彼女の顔が曇った?ように見えたが流石洗礼された女子。表情がすぐ戻る。

 

 

エ「いいよ♪

 

 

 

 

 

 

 

 

たくぞうがご飯を作りながらソファーにいるエステ子と話す。

この何気ない雰囲気が好きだ。

 

 

 

エ「やばー!!めちゃ美味しい♡たくぞうさんこれ作り方教えて♡

 

 

 

 

ご飯も食べ終え。さぁソロソロギラつくか。

 

 

 

 

 

 

 

 

た「はい!膝の上乗ってー\(^o^)/

 

 

しゃあないなと表情をしながら乗ってくれる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:tktktb:20180123195213p:image

ビビッ!!!!

確信に変わった瞬間だった…。

 

 

 

 

 

 

俺、打診するのビビってる…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この子に嫌われたらどうしよう。

 

 

 

 

 

 

正直クラスタに入って初めての感情だった。

いつものように相手の目を見て堂々とストレート打診ができない。

 

 

 

考えてみればクラスタに入ってから即った子はその日に出会ったり、空いても半年程度しかない。

基本的に自分は抱いた女性以外会わないと決めてる。(絶対ではない笑)

 

 

だからこそ強気に堂々と打診ができたいる自分がいる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

じゃあなにが違う?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関係構築のレベルの違いだ。

 

会ったのはたった1回だが頻繁に電話やLINEのやり取りをしていて、普段なんとなくしてる人とはレベルが違う

 

 

 

 

 

この人を失ったらどうしよう。

 

 

 

 

 

 

不安がよぎる。

 

 

 

 

 

 

 

 

流れで即るかも悩んだ。

が、相手の性格上それは響かないし、嫌なのも分かる。なにより自分自身が逃げてるとも思う。

 

 

 

 

 

5分経過…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

15分経過…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

30分経過…

 

 

 

 

 

 

もうここで打診しないと相手も終電逃してしまう。決意を決めた。

 

 

 

た「なーなー。」

 

エ「ん?」

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:tktktb:20180125132058j:image

た「抱きたい。

おもくそ緊張した顔になってたのは恐らく相手にも伝わってるだろう。

 

 

 

 

 

 

 

この言葉を言うのにどれだけビビったか。

初めて告白した時の気持ちを思い出すようだ。

 

 

 

 

 

 

そして一瞬の間が空く。

 

 

 

 

 

 

 

エ「…………。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エステ子の口が動いた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エ「ごめん!無理!今日たくさん話してきて気持ちはすごい分かるけど、無理。知ってるとは思うけどあたしには自分のルールがある

 

 

 

 

エステ子は過去にたくさんの辛い経験をしてる。

遊ばれたことや、子供降ろした経験、愛人経験

簡単に人に話せないようなこと、そこを理解していたからこそそこからのグダ崩しをするパワーは自分には残されてなかった。

 

 

 

 

 

いや、崩しちゃいけないと思った。

 

 

 

 

 

 

同級生とか地元とか昔の友達を即る経験が自分にはない。

理由は元々関係構築の仕方がTHE 友達ってスタンスだし自分自身が酒を飲まないから酔った勢いもない

 

 

 

 

 

 

その後にもなかったようにエステ子は普通に会話を戻してくれた。

 

 

 

 

 

 

f:id:tktktb:20180125133051j:image

くぅぅぅぅぅー!!!!いい女だな!!!

おい!!!!

 

 

 

時間が来て駅まで送っていくことに。

 

 

 

テクテク。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エ「今日はありがとう(^ ^)話してたオリーブオイルまたあげに来るね♪

 

た「ありがとう笑 まあまた話そうぜ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:tktktb:20180125133334j:image

圧倒的敗北!!!!!!

 

 

 

 

正直、打診方法やアプローチ方法変えたら即れたのかもしれない。けど、うまい棒より安いプライドが曲がらなかった。

 

 

 

 

自分は友達やある程度仲良くなってから即るのは向いてないというか出来ない事に気付いた。笑

 

 

 

 

もっと仲良くなるきっかけとしておせっせもしてみたいだけどな〜笑

 

 

 

 

みんなは経験あります?笑

 

 

 

 

 

 

 

いつかしたるからな!!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ピロン♪(LINE)

f:id:tktktb:20180125133654j:image

くぅぅぅぅぅー!!!!

LINEまでくれて!この!この!!!!

 

 

 

 

 

 

 

おっしゃ!!!!

サージングスタート!!!

 

 

 

 

 

 

 

発見!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:tktktb:20180125134015j:image

桜井◯ゆ即!!!!

 

 

 

 

 

 

 

オナニーして眠りについたたくぞうであった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 end♪