たくぞう@真面目ナンパ師ブログ

進撃のたくぞうのナンパ記☆クスリでも笑っていただけたらありがたいです\( ˆoˆ )/

【後編】ショボ腕VSチビ子

前回の記事はこちら

http://tktktb.hatenablog.com/entry/2017/04/13/112119

 

 

f:id:tktktb:20170413155702j:image

バーイン!!!!

このバーはドラマに出てくるかのような本気で雰囲気がいいバー。

 

 

 

 

たくぞうはまだまだ夜の世界のことは全然わからないが、間違いなく1番知ってる店でいい雰囲気の店である。

カクテルが1杯1000円以上する。

初めてきた時はびっくりした。鳥貴族のとか大衆居酒屋しか行ったことないし、目の前で果実を潰してシャカシャカやってるまさに、ドラマのようなバーである。

 

 店員さんには打ち合わせしていて、

いつも男と来てる設定にしてもらってる(笑)

 

バー店「お!今日は珍しく女の子連れてるじゃないっすか〜♪

 

た「兄さん♪そこはいつも女連れてきて今日も女連れてきて兄さんモテモテっすね〜♪のがかっこよくないすか!?」

 

チ「いや、それただのチャラ男やからバー店さんのがいいよ〜♪」

 

かなり落ち着きながら話した。

なにか言いたそうな表情をしてるのでどうしたのか聞いた。

 

 

チ「たっくん彼女おるやろ〜?

 

た「おー!おるよ!!48人におってTKZ48作ってんねん♪あ!たくぞう48ってことなww」

 

チ「ふーん。

 

他の話題に移行したが、表情が暗い。

わかっていたがなんでか聞いた。

 

 

チ「彼女おるやろ?なんで私誘ったん?まあ確かに彼女いる?とかあたし聞いてないから答えないって言い分するやろうと思うけど

 

た「うん。おるよ。チビ子の言う通り」

 

チ「あたしとどうしたいのー?」

 

(_ _).。o○(俺は…

 

 

 

 

 

f:id:tktktb:20170413160801j:image

 

抱きたいっ!!!!!!

 

と思ったがふざけるシーンでも、そんな雰囲気の店でもない。正直に話した。

 

 

た「正直に言うと少しいいなあって気持ちがあった。彼女とは今微妙だし。」

 

チ「微妙ってみんな言うけど、誘い文句やろ?」

 

 

た「正直にチビ子と出逢った時、彼女と全然上手くいってなかったんだ。レス早かったやろ?全然相手と連絡とってへんかったし、会った時も12時間くらい一緒におって喋ったのが30分くらいよ?w

これ微妙な感じやろ?w」

 

チ「確かにそれは微妙だし、別れるべきやと思うけどそんなのいくらでも言えるよね!!

 

(_ _).。o○(あぁ俺の想像以上に色を使いまくってたんだなあ〜感じ始めた。)

 

チ「あたしはたっくんのことが好きだよ♡ただ、次会う時はお互いクリーンな状態で会いたいな〜

 

え!え!なんて!?

f:id:tktktb:20170413163237j:image

 

 

ラッスンゴレライ♪

フゥー♪

ランスンゴレライ♪

f:id:tktktb:20170413162438j:image

 

 

チビ子がたくぞうに惚れている!?

ちょっと待ってぇ〜ちょっと待ってぇ〜お姉さん♪

f:id:tktktb:20170413162621j:image

 

 

 

ぬああああー!!!完全に食いつきあがりすぎてたあああ

f:id:tktktb:20170413162736j:image

 

でも、彼女と上手くいってないのもあって本当に自分自身もかなりいいなあと思っていたのも事実。

※会う2日前に最高な状態に戻りました笑笑

 

 

その中途半端な行為がこの結果。

 

遊ぶならちゃんと相手に遊び!って言う前提でこの人になら抱かれていいと思わせないと相手を気付けることになるし、以前師匠に言われた3流の遊び人という言葉が胸に染みた。

 

世のナンパ師達もみな色を使わず即ってるし、迷いながらアポしてしまった自分に後悔と悔しさと彼女に対しての罪悪感が産まれた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただナンパはオモロいwwww

f:id:tktktb:20170414143756j:image

 

 

 

中毒性はハンパない(笑)

クズですいませんwwwww

 

 

その後、正直に自分の気持ちを話した。

 

 

 

チ「そっかあ〜なら今日は奢りね♡

 

チビ子の素直で真っ直ぐで本当にいい子なんだなあと染み染みした。

チビ子ごめん!!!!

 

 

た「俺が言える立場じゃないけど、もし本気なら略奪して!俺過去2回略奪してるww」

 

 

チ「誰かが傷つくことしたくない♪あたしだけでいいよ♪」

 

 

もう何も言えなかった。圧倒的に自分のショボ腕を感じた。

 

 

会計を済ませ帰路に帰る。

 

 

ただ、俺はお世話になってる先生の言葉が脳裏に響いた。そうそれは

 

 

 

 

f:id:tktktb:20170414144258j:image

 

 

先生ー!!!!!!!

 

 

腐ってもショボ腕でも自分はナンパ師。

 

 

準即を狙う。

 

 

 

 

ガラン♪

 

 

店を出てこの雰囲気でも腕を組んできたチビ子。

 

 

最後に勝負しよう。

 

 

 

た「チビ子♪あと10分で終電。今日俺ん家こない?」

 

 

どうだ!?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

チ「無理!クリーンな状態になったらなんぼでも行くよ♪

 

そして最後にキスをされて駅のホームに吸い込まれていった。

 

 

 

f:id:tktktb:20170414144716j:image

 

 

敗北!!!!

 

 

 

今回は本当に学びがたくさんだし、気付かされたことが多かったアポでした。

 

 

 

真面目ナンパ師らしくて、真面目にいきまーす!!!!

 

 

 

 

おし!家帰るか。そしてこんな時は

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 f:id:tktktb:20170414144820j:image

 

 

 

 

 

 

 

end♪